NAG S.E.D.とは

その夢、請け負います―

NAG S.E.D.は平成3年(1991年)鈴鹿8耐に出場するマシンを整備制作するために興した会社でしたが、HONDA R&Dでの開発経験を生かし、翌'92年より当時盛んだった、GP125/GP250(当時) クラス・2サイクルエンジン用キャブレター(PAXキャブ)を開発、製造を開始しました。以来、PAXキャブを取り付けた多くのライダーが国内外で活躍し、ヨーロッパ選手権、GP125クラスでは多くのトップライダー達に愛用されました。 レースの聖地ともいえる、イギリスのマン島では、Joey Dunlop選手がライトウエイトクラス(PAXキャブ仕様車)で2連覇を達成しています。 NAG S.E.D.はそうした開発経験を活かし、一般ユーザーの皆様のさまざまな夢を形にするお手伝いをいたします。
代表:永冶司

会社概要

社名 株式会社 ナグ・エスイーディ
所在地 〒509-0105  岐阜県各務原市各務山の前町4丁目511
TEL:058-385-1698(代) FAX:058-372-6903

お問い合わせ
ホームページ http://nag-sed.com
創業 1991年(平成2年)2月
資本金 1,000万円
代表取締役 永冶 司
生産品目 モータースポーツ関連パーツ 開発加工・製造販売
各種モデファイド気化器(PAX)
関連制御パーツ
(クランクケース内圧コントロールバルブ、ブローオフバルブ、RAM圧コントローラー等)
ハンディスプレーガン (ShuPro-1)

Pagetop