NAG S.E.D.とは

その夢、請け負います―

NAG S.E.D.は平成3年(1991年)鈴鹿8耐に出場するマシンを整備制作するために興した会社でしたが、HONDA R&Dでの開発経験を生かし、翌'92年より当時盛んだった、GP125/GP250(当時) クラス・2サイクルエンジン用キャブレター(PAXキャブ)を開発、製造を開始しました。以来、PAXキャブを取り付けた多くのライダーが国内外で活躍し、ヨーロッパ選手権、GP125クラスでは多くのトップライダー達に愛用されました。 レースの聖地ともいえる、イギリスのマン島では、Joey Dunlop選手がライトウエイトクラス(PAXキャブ仕様車)で2連覇を達成しています。 NAG S.E.D.はそうした開発経験を活かし、一般ユーザーの皆様のさまざまな夢を形にするお手伝いをいたします。
代表:永冶司

会社概要

社名 株式会社 ナグ・エスイーディ
所在地 〒509-0105  岐阜県各務原市各務山の前町4丁目511
TEL:058-385-1698(代) FAX:058-372-6903

お問い合わせ
ホームページ http://nag-sed.com
創業 1991年(平成2年)2月
資本金 1,000万円
代表取締役 永冶 司
業種 モータースポーツ関連パーツ 開発加工・製造卸し および受注生産品の製作・販売
生産品目 クランクケース内圧コントロールバルブ、ブローオフバルブ、2サイクルRAM圧コントローラー
ネコアシダンパーシステム(NDS)ブリィート、フロントフォークセッティングパーツ各種
ハンディスプレーガン (ShuPro-1)

Pagetop

会社沿革

1991年2月 株式会社 ナグ・エスイーディ設立
1992年 GP125/250クラス 2サイクルエンジン用レーシングキャブレター(PAXキャブ)を開発・製造
1992年 ステンレス製ボトルの詰め替え式エアゾールガン「ShuPro-1」を開発、特許取得
1995年 2サイクルRAM圧過給車のRAM圧を適正化する2サイクルRAM圧コントローラーを開発
1998年 ケイヒンFCRキャブレター用電子制御加速ポンプを開発、特許申請
2001年12月 レーシングエンジンの4サイクル化に伴いエンジン内圧が及ぼすフリクションに注目し、クランクケース内圧コントロールバルブ(略称IPCV、通称NAGバルブ)を開発する。当初はレース専用の強制減圧型であった
2004年 レースでの実績を踏まえ、安全性を高めた一般市販車両向け汎用「NAGバルブ」の製造を開始
2005年 四輪用「NAGバルブ」の開発・販売を開始
2010年1月 エマルション対策型「NAGバルブ」を発表。販売を開始
2013年 「NAGバルブ」の決定版「シュパーブ(Supereb)」発表
2015年6月 フロントフォーク用セッティングパーツ「NDSブリィート(BURRITO)」の開発・販売を開始
2015年8月 フロントフォークのセッティングコンプリートキットとして「NDSコンプリートセット」を提案・販売を開始
2018年3月 NAGバルブ「シュパーブ(Supereb)」の静音化、メンテナンスと取り付けの簡略化を実現した「Superb Force」を発表・販売開始

Pagetop